胆のうがんは早期発見が難しいので定期的に検診を受けましょう

がん治療.navi

胆のうがんについての関連記事

ナース

胆のうがんの治療方法と原因

詳しい症状や原因について細かく紹介しています。どういった症状が出るかを事前に確認しておくことで、素早い対応ができるようにしておきましょう。

READ MORE
看護師と患者

改善のための病院選び

胆のうがんの治療や検査のために、失敗しない病院の選び方を紹介しています。チェックして、胆のうがんの早期発見・治療を目指していきましょう。

READ MORE

胆のうがんの検査と診断方法

採血による検査

がんが広がって胆道を圧迫するようになると、血中のビリルビンやアルカリホスファターゼ(ALP)の数値が高くなるため、採血で判断ができるようになります。

血管造形検査

がんがどれだけ進行しているかを調べるため、血管造形検査を行うこともあります。血管に増影剤を入れて、X線検査をすることで判別することができます。

超音波検査

胆のうがんが疑われる場合、まずはじめにこの検査を行う事も多いです。超音波を体にあて、臓器から返ってくる反射の様子で診断します。

CT、MRI検査

主に治療の前にがんの性質や分布、転移や周囲の臓器への広がりを調べるために用いられます。超音波検査で胆のうの状態がうまく確認ができない時や、胆のうに異常が疑われる場合でも使用されます。

内視鏡的逆行性膵胆管造影

胆のうがんの状態を詳しく調べる時や、胆管がふさがっていないかを確認する場合に用いられます。喉に麻酔をかけて内視鏡を口から挿入し、確認していきます。

胆のうがんの基礎と検査

診断

胆のうとは何か

胆のうは肝臓の下にある臓器で、肝臓で作られる消化液を溜めておく機能があります。食べ物を摂取すると、胆のうから消化液が総胆管を通って十二指腸に流れ込み、食べ物を消化するのを補助してくれます。

気づきにくい胆のうがん

胆のうがんは自覚症状が殆どない病気で、ある程度進行してから黄疸などの症状が出てきます。早期発見のために、身体に異変を感じたら細かく検査をしてみるようにしましょう。

早期発見のためには

胆のうがんを早期発見するのであれば、人間ドッグで定期的に超音波検査を受けることが一番です。早期で発見して治療することができれば完治も見込めるので、心配な方は定期的な検診を心掛けるようにしましょう。